ビル建設のための土木工事依頼は施工管理から設計までしている会社へ

土木施工管理技師は国家資格で技術力が高い!

ビル建設のための土木工事依頼は施工管理から設計までしている会社へ

男の人と女の人

工事内容に合った選び方

基礎からきちんと建設しなければならないオフィスビルや橋などの工事がありますが、これらは専門業者に任せます。その工事内容にも電気工事、土木工事、様々な内容があります。工事内容に合った業者に絞りましょう。また、工事業者の規模が大きいから信頼できるといったことはありません。少人数で地元に密着している業者のほうが評判を大事にしているケースが多く、少人数の業者は責任感や技術が高いことがあります。工事事業者の規模の大きさで決めるより、実績を確認をするようにしましょう。

建設現場

技術に力を入れているか見分ける

工事には様々な資格が必要とされていて、土木施工管理技士や建設機械施工技師などがあリます。有資格者がたくさん在籍している会社は、技術に力を入れていることが分かります。ここも信頼出来る工事業者選びのポイントになります。

男の人

国家資格の施工技士

施工管理技師とは建設現場や土木工事、電気工事などの現場において、作業工程や安全や品質うを管理する職業です。工事現場から書類作成(デスクワーク)など、施工管理の活躍する場所は広いです。工事がスムーズに進むように、作業員達とコミュニケーションを取ることが大切なお仕事です。施工管理技師は国家資格の1つでもあります。そのため、施工管理技士がいる会社はとても頼りになることの証拠なのです。

信頼のおける工事業者のポイント

建設現場

保険加入している業者

どんな技術の高くて、実績のある工事業者でも万が一トラブルになってしまうことはあります。保険に加入をしている業者かどうか確認をしておきましょう。

全て自社で行っている

工事を下請けに出している業者だと、打ち合わせの時に決めたことが出来ていないなどの、情報の伝達が出来ていないことがあります。打ち合わせから、施行、施行後のアフターメンテナンスまですべて自社でしている業者を選びましょう。

詳しく説明をしてくれる

建設工事には専門的な言葉がとても多いです。一般の方にはどういったもので、正しい料金かも分かりませんよね。見積書などで分からないところの説明を詳しくしてくれる業者を選ぶようにしましょう。