将来を見据えた満足出来る工場建設をしましょう!

機械の配置が稼働率を上げる!工場のレイアウトは工場建設時に確認

将来を見据えた満足出来る工場建設をしましょう!

男の人

工場を建てられる場所

工場を建てたくても、好きなところならどこでも建てれるわけではありません。都市計画には都市の性格を位置づけるために住宅地や、商業地、工業地などの用途地域があります。用途地域は全部で12種類あります。工業系は3種類あります。工場建設をしたい場所の都市計画をインターネットで調べておきましょう。

工場

建てられる工場にも違いがある

工業系の3種類は準工業地域、工業地域、工業専用地域があります。工業専用地域は工場ためだけの地域なので、どんな工場も建設が出来ます。そして、準工業地域では環境が悪くならないような工場を建てられるでしょう。逆に建設ができないのは、花火工場や石油コンビナートなどになります。

ウーマン

耐久年数と耐用年数

工場には耐久年数があります。耐久年数とは「トラブルが起きる心配がなく安全に使用できる」と、それぞれ違う会社が表している年数です。しかし、それぞれ違う会社の判断なので少しあやふやな部分があります。一方、耐用年数は、国が法律で「資産価値がなくなるくらいの年数」を決めています。固定資産として価値があると法的に決められた年数です。

工場

メンテナンスは必要

メンテナンスの要らない建物はありません。ですので、工場もメンテナンスは必要になってきます。工場のメンテナンスで1番ポイントになるのは鉄の劣化を防ぐことです。鉄は水に弱いため、雨で錆びてしまい建物の強度を下げてしまいます。防水メンテナンスには種類があるので工場に適したものを選ぶと良いでしょう。

最初に決めておくべき工場のレイアウト

男性

安全性などを考えた機械配置

工場内で作業をするのはだいたい機械です。生産性を上げるためには機械の配置はとても重要なポイントです。広い空間を確保すれば好きなように配置を決めていいわけではないです。しかも、広いと工程の間々で時間のロスができてしまいます。また、安全のためにも機械がぶつからないように注意することも大切です。

スムーズな流れを作るレイアウト

機械と違って工場で使う資材や工場で作られた製品は搬入・搬出を繰り返します。どちらも必要な時に必要な数をスピーディーに用意することが効率良く作業を出来るポイントです。資材や製品の保管場所を考える事によって、スムーズな流れ作業が出来ます。

安全に働ける環境作り

工場にある機械や資材、製品を管理しているのは従業員です。設備不備が問題で従業員にトラブルがあっては工場の稼働をストップさせてしまう原因になります。従業員の働く意欲を上げて、生産率を上げることは工場の目的だと思います。ですので従業員の働く意欲が上がるように清潔で、身体への影響がない工場建設をしましょう。

外観にも気を配る

工場は、人や地球に有害なガスや汚染された水を排出していると昔のイメージを持っている人もいます。ですので、工場の配置や設備だけを考えるだけでなく地域や地球への環境も意識しましょう。工場は問題なくても、工場の外観が壊れていたり汚れていると近隣に住んでる方は怖がってしまいます。悪い印象を待たれない工場建設をしましょう。

将来も視野に入れたレイアウト

工場は建設したらもう終わりというわけではありません。将来、工場がどうなるかも視野に入れときましょう。機械の老朽化で入れ替えるかもしれませんし、機械を増やすかもしれません。機械だけではなく、従業員の人数や環境基準が変わることでレイアウトも変わる場合があります。そのため、将来に設備を変えても問題がないようにレイアウトを考えてみましょう。